津軽びいどろ

TSUGARU VIDRO

津軽びいどろ青森 北洋硝子
日本の色は何色ですか?
春の桜、夏の祭り、秋の紅葉、冬の雪景色。

日本の豊かな四季彩色をガラスに入れてお届けしたい。
幾千ものこだわりの色合いはそんな想いから作りだされています。

「津軽びいどろ」は、坩堝の中の真っ赤にとけた1500度の灼熱な世界から始まります。
吹き竿で巻き取られたガラスは、津軽の職人たちの巧みな技術と技法によって、手づくりならではの柔らかな形にひとつひとつ仕上がっていきます。

日本ならではの四季の色にこだわり、色を様々に組み合わせる事で、移りゆく情景のように無限の表情を見せる「津軽びいどろ」。色とりどりの魅力あふれる「津軽びいどろ」が楽しい食事のひと時や、くつろぎの時間に、そっと寄り添えますように。

PICK UP ITEM 「津軽びいどろ」のピックアップアイテム

NEW ARRIVALS 「津軽びいどろ」の新着アイテム

HOKUYO GLASS
青森 北洋硝子青森県青森市

北洋硝子は1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造からスタート。
その後、長年の浮玉製造で培った「宙吹き」の技法を使って、「青森の自然」をイメージさせるハンドメイドガラスの創作に取り組み始め、1977年に『津軽びいどろ』が誕生しました。現在ではさまざまな技法を駆使しながら、品質の高いオリジナリティーのある商品を目指し、常にたゆまない努力を続けています。
かつて浮玉を吹いていた職人達の高い技術と精神を受け継ぎ、ベテランと若い職人達が心を合わせて手作りする『津軽びいどろ』のガラス製品は、青森県伝統工芸品の指定を受けています。

青森 北洋硝子について詳しく見る

BRAND NEWS 「津軽びいどろ」の新着ブランドニュース

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ