誇りと出会う旅長崎 嘉久正製陶所

三川内焼を育む文化<三川内焼のふるさと、佐世保の酒蔵「梅ヶ枝酒造」>

Factory

江戸の風情を残した佇まい

長崎県佐世保市にある梅ケ枝(うめがえ)酒造は、江戸中期の天明7年(1787年)11代将軍家斉の時代に創業しました。

「梅ケ枝」の名は、当時の大村藩主・大村純鎮公がこの地を訪問した際に詠まれた歌にちなむと言われています。

梅が枝に
泣いて移ろふ うぐいすの
羽白妙に淡雪ぞふる 

この歌の一節より、「梅ケ枝」の名を賜ったのです。

梅ケ枝酒造では、江戸の建物の風情を今も色濃く残しています。安政7年(1860年)に建てられた主屋をはじめ、江戸時代末期建造の瓶詰所・旧むろ・旧仕込蔵・大正期建造の貯蔵庫など7棟が現在も使われ、平成14年(2002年)には国の登録有形文化財に指定されています。

>日本酒「梅ヶ枝」のおいしさを引き立ててくれる 三川内焼「嘉久正窯」の酒器

こだわりの酒造り


一年を通して比較的温和な気候と、地下300メートルから汲み上げる名水に恵まれた梅ヶ枝酒造では、創業以来200余年、米作りから酒造りまでこだわりの手作りをしています。
大吟醸や純米酒などの種類により、原料米や麹、酵母を変えて少量ずつ仕込みをするなど、全国でも特長のある蔵元です。

現在の当主は9代目。兄弟3人がそれぞれの役割を果たし協力しながら、日々新たな工夫を続けています。

代表的な銘柄

梅ヶ枝酒造ではおもに日本酒と焼酎が作られています。
歴史のある銘柄はもちろん、例えばスパークリングの日本酒やリキュール、フルーツ入りの甘酒など工夫を凝らした商品も多くあり、近年では日本でも人気が高まっているジンの生産も始めるなど意欲的な商品が次々と生み出されています。

その中でも代表的な銘柄がこちらです。


日本酒「梅ヶ枝 純米酒」
米と水だけで造った、旨味とコクの深い辛口です。日本酒らしい日本酒となっており、福岡国税局主催の鑑評会等でも金賞の受賞歴のある一品です。
どっしりした深いコクを楽しむ時はぬる燗で、あっさりと爽やかに飲みたい時は冷やすのがおすすめ。


麦焼酎「25度長崎っ子 樽貯蔵」
一番人気の焼酎。フランスから輸入したブランデー樽の中で長い熟成の時を重ねた、少し贅沢で気品漂う味わいです。
お勧めの飲み方としては、洋酒に近い味わいですので水割りかロックがよく合います。

酒蔵見学

梅ヶ枝酒造では、より多くの方にお酒と触れ合って欲しいという気持ちから、日本酒・焼酎造りをしている酒蔵見学ができるようになっています。繁忙期にはお酒の香りたちこめるなかで、お米や麦、さつま芋などを間近で見、醸造タンクを覗くこともできます。
また酒蔵と併設の販売所もあり、梅ヶ枝酒造のバリエーション豊かな商品が並びます。一部の商品は味見もできますので、ぜひ実際に試してお気に入りを見つけてみてください。

●期間:年間を通じて見学可能
※前日までに電話予約が必要です。
※製造工程の説明は、10名以上よりご案内できます
※正月・お盆や作業都合によりお断りする場合もあります。
●時間:・10:00~12:00・13:00~16:00 (所要時間:約30分)
●金額:無料(要予約:電話0956-59-2311)

 

<三川内焼のファクトリー・ブランド>

>「嘉久正窯(かくしょうがま)」を詳しく見る

 

<関連リンク>

-三川内焼-

>三川内焼とは何か?三川内焼の魅力

>三川内焼の酒器でいかがでしょう? 三川内焼のふるさと、佐世保の酒蔵「梅ヶ枝酒造」(<連載>誇りと出会う旅)

>三川内焼のファクトリー「嘉久正窯(かくしょうがま)」を詳しく見る

-鍋島焼-

>鍋島焼とは何か?独自の特色や技法、有田焼との違いを解説します

>鍋島焼の酒器でいかがでしょう? 世界に誇る 日本酒「鍋島」(<連載>誇りと出会う旅)

>鍋島焼のファクトリー「虎仙窯(こせんがま)」を詳しく見る

-有田焼-

>有田焼とは?欧州の名窯 マイセンに影響を及ぼした有田焼

>有田焼の酒器でいかがでしょう?有田焼を育む文化<日本酒「七田」 >(<連載>誇りと出会う旅)

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ