麟

Lin

佐賀 金照堂
明治から昭和初期に活躍した有田焼赤絵師「金子麟蔵-kaneko rinzo-」は、卓越した職人技と先見性に富んだデザインで金照堂の基礎を築きました。
わが先祖「麟蔵」へのオマージュを込めて誕生した“麟Lin”は、磁器とは思えないメタリック感・独特のテクスチャー・幻想的なカラーリングが特長です。
“麟Lin”のコンセプトは非日常。
“麟Lin”で見たこともなかった景色をお楽しみください。
kinshodo
佐賀 金照堂佐賀県西松浦郡

金照堂は、日本で初めて磁器を作って400年になる有田にあります。
創業から約60年、一貫して職人の技を生かした有田焼を世に送り出してきました。
明治時代末ごろから、赤絵師として品評会などで活躍した先祖「金子麟蔵」に倣い、伝統の技を今の暮らしに活かすことを生業(なりわい)の中心に据えています。
近年は、「麟 Lin」、「mint.」など、自社ブランドを多く取り扱うようになりました。

佐賀 金照堂について詳しく見る

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ