誇りと出会う旅佐賀 虎仙窯

鍋島焼を育む文化<幻の日本酒「鍋島」-世界が認めた佐賀の味>

Factory

日本酒「鍋島」とは?

有明海に面し、佐賀県と長崎県の間にある多良岳山系からの質の良い水と良質なお米に恵まれる佐賀県鹿島市浜町。江戸時代からの「酒どころ」として知られるこの地で大正末期から酒造りを続ける富久千代酒造の代表銘柄「鍋島」。

国内、海外のコンクールにおいて数々の賞に輝いたことで脚光を浴び、「幻の地酒」と呼ばれるほどの人気を博している「鍋島」は、今や佐賀県はもとより日本を代表する存在です。

単に「香りが高い」「辛い」だけでなく、やさしく五感を刺激し馴染んでいく「自然体のお酒」を目指すという言葉通り、心地よい発砲感、軽快な飲み口、そして米の上品な甘みと旨みがあるバランスのとれたフルーティな味わいの日本酒です。

 

>日本酒「鍋島」のおいしさを引き立ててくれる 鍋島焼「虎仙窯」の酒器

 

世界の鍋島

日本酒「鍋島」が1998年にデビューして以来、国内、海外のコンクールにおいて数々の賞に輝いています。

2002年に第14回国際酒祭りinTOKYOの純米酒部門で日本一の座を獲得すると、翌2003年からは全国新酒鑑評会で7年連続金賞を受賞するなど評価を高めていき、2011年にはロンドンで開かれた世界的に権威のある大会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2011」においては、純米酒造部門で「鍋島 特別純米」、吟醸酒・大吟醸酒部門では「鍋島 大吟醸」がそれぞれ金賞を受賞。

さらに「鍋島 大吟醸」はその年の最優秀となる「チャンピオン・サケ」も獲得し、海外からも評価される、日本を代表する日本酒のひとつとなっています。

 

五感を優しく刺激するような自然体”のお酒「鍋島」の誕生

日本酒「鍋島」を生んだ富久千代酒造は、大正時代に創業しますが、現在の代表である飯森直喜氏が経営を引き継いだ80年代後半、日本酒業界は変革期を迎えていました。

酒類免許が緩和されたことで、コンビニや酒店を主体とした従来の販売網が大きく変貌しつつあったのです。

このままでは日本酒業界で生き残るのは難しいと考えた飯森氏は、地元酒店の若手後継者と一緒に「佐賀を代表する地酒」「地元の米と水で醸し出す愛される地酒」を目標に、新たな酒作りに着手しました。

3年にわたる試行錯誤の結果、誕生したのが五感を優しく刺激するような「自然体」の日本酒でした。

「この日本酒を地元・佐賀の人々にずっと愛してもらえるような日本酒にしていきたい」という気持ちから銘柄の一般公募を行っていたところ、300年にわたって佐賀の地を治めてきた鍋島家の名を取って「鍋島」という銘柄が生まれたのです。

 

富久千代酒造のある白壁土蔵の町並み

富久千代酒造のある肥前浜宿は中世(鎌倉・室町時代)にさかのぼる古い歴史を持った町で、港町・宿場町として近世(江戸時代)から近代(明治・大正・昭和)を通じて栄えてきました。経済力と豊かな地下水、おいしいお米によって酒造りが盛んとなり、現在でも大型酒蔵が建ち並んでいます。

これらの歴史の中で、肥前浜宿には多くの白壁土蔵や茅葺町家などの伝統的な建物が残り、往事にタイムスリップした景観・イメージをつくっています。

浜川をはさんで北側の大村方・八宿・中町のいわゆる『酒蔵通り』には白壁土蔵造りの町家や蔵があり、南側の庄金や舟津には茅葺町家がありと、地区によって景観が大きく変化することも町並みの特徴となっているこの地で今日も自然体のお酒「鍋島」は造り続けられています。

「私が酒造りを続ける限り、この世から日本酒の伝統文化が消えない限り、鍋島は永遠に未完成である」という飯盛直喜氏の言葉に、飲み手の楽しみは尽きない。

>日本酒「鍋島」のおいしさを引き立ててくれる 鍋島焼「虎仙窯」の酒器

 

<鍋島焼のファクトリー・ブランド>

>「虎仙窯(こせんがま)」を詳しく見る

 

<関連リンク>

-鍋島焼-

>鍋島焼とは何か?独自の特色や技法、有田焼との違いを解説します

>鍋島焼の酒器でいかがでしょう? 世界に誇る 日本酒「鍋島」(<連載>誇りと出会う旅)

>鍋島焼のファクトリー「虎仙窯(こせんがま)」を詳しく見る

-有田焼-

>有田焼とは?欧州の名窯 マイセンに影響を及ぼした有田焼

>有田焼の酒器でいかがでしょう?有田焼を育む文化<日本酒「七田」 >(<連載>誇りと出会う旅)

-三川内焼-

>三川内焼とは何か?三川内焼の魅力

>三川内焼の酒器でいかがでしょう? 三川内焼のふるさと、佐世保の酒蔵「梅ヶ枝酒造」(<連載>誇りと出会う旅)

>三川内焼のファクトリー「嘉久正窯(かくしょうがま)」を詳しく見る

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ