KOUYAMA CHOYA SEWINGKAGOSHIMA FACTORY

高山CHOYAソーイング 鹿児島工場鹿児島県肝属郡

高山CHOYAソーイング 鹿児島工場は、明治18年創業のワイシャツメーカー「CHOYA」の自社工場として設立。老舗のシャツ製造技術を体現、百貨店はじめ多くの高級ブランドのシャツを手掛けています。

高山CHOYAソーイング 鹿児島工場の地図
CHOYA シャツ(イメージ)

Feature Story : CHOYA SHIRTS

長年日本のシャツ業界を牽引。
文明開花の時代から、
日本のシャツをつくり続けてきました。
CHOYAは1886年(明治19年)、日本橋で前身の潮谷商店が創業。浅野百蔵がシャツの製造販売を開始します。
文明開化の時代に前割れシャツを作り始め、1902年(明治35年)にはインドネシアのスラバヤに支店を開設。
シャツだけでなく様々な商品を取扱い、その後もシンガポール、マレー半島にまで販路を拡大するほどに。
100年以上前に日本のシャツ業界を切り開いたものづくりへのこだわりは、いまも連綿と受け継がれています。
  • CHOYA シャツ(「OATSURAE」イメージ)
  • CHOYA シャツ(「OATSURAE」生地アップ)
関東大震災から復興と躍進。
1921年(大正10年)、蝶矢シャツ製造所に改称。
1923年(大正12年)に関東大震災が起こるも、大阪にも工場と営業所を持っていたことが強みとなり、どこよりも早く生産を再開。
復興の槌音のなかを、赤い蝶矢マークのフォード箱型車がシャツ納入に走り回りました。

1931年(昭和6年)湿度の高い日本の気候にあったシャツが着用されるべき、という大学教授らによる「ノーネクタイ」運動が提唱されました。それに伴いCHOYAは「開衿シャツ(オープンシャツ)」を提案。
夏用のシャツとして大流行し、長く愛されることになりました。

1936年(昭和11年)襟のシワを軽減する接着芯を国内で初めて使用した「ザ・ニュー・ウエスタンシャツ」発売。
戦後になり、1952年(昭和27年)には防縮素材を使用したシャツを発売。
シャツと言えば「蝶矢」へ
1966年(昭和44年)には、シワにならない革新的なワイシャツ「パーマネントプレスシャツ」発売。その後もニットシャツや新しい素材やデザインを提案し、長年日本のシャツ業界を牽引。
高品質な商品を追求する努力と工夫により、「シャツと言えば蝶矢」と認知してもらえる時代は長く続きました。
また、百貨店のオーダーシャツのシェアを多く持つことで、お客様に合わせた高品質なシャツを 個別に生産するノウハウを蓄積しました。

2015年にCHOYA株式会社は山喜株式会社に引き継がれ、高山CHOYAソーイングとしていまもなお蝶矢の「革新性」と「伝統の技」を今に伝えています。

CHOYA Spirits

CHOYA シャツ(イメージ2)

Craftsmanship

時代を超えて愛される理由
「高山CHOYAソーイング」の仕事
CHOYA シャツ(生地の違い説明)
生地を育ててもらいたい。
『OATSURAE(オアツラエ)』では、 80番手から100番手の風合いの良い生地を採用しています。
番手とは糸の細さを表す単位。数字が大きいほど糸は細くなり、しなやかな生地になります。
しかしその反面、番手の高い生地の強度は低く、破れたり裂けたりしやすくなります。
繊細すぎる生地は取り扱いが難しく、日常使いには向かないのです。
そのため『OATSURAE』では、風合いと強度のバランスの良い80~100番手双糸の生地を選んでいます。
また形態安定加工はされていません。シワになりにくいのは確かに便利ですが、このシャツでは洗うごとに変わっていく「育っていく」生地の風合いや、着ているときに現れるシワの陰影の美しさ。
そして出来ることなら、家で洗ってご自分でアイロンをかけ、シャツを慈しむことをお楽しみ頂きたいと考えています。
CHOYA シャツ(縫製工場)
長年シャツを作り続けてきた経験を活かし、日本人の体に合わせた型紙を追求しています。
①ダブつきが少なく余計なシワができにくい形でありながら、動きやすさも実現。
着用時のストレスを感じさせないシルエットです。

②襟台には「のぼり」と言われるカーブを施し、ネクタイをつけた時に美しいボリューム感を出しつつも収まりの良い、きれいな襟元を演出します。
CHOYA シャツ(縫製方法の違い説明)
手間はかかりますが「良いシャツ」を作るために必要な仕様を、多く採用しています。
①「袖と身頃をつなぐ縫い目」と、「脇の縫い目」は、2枚の生地を巻き込み、同じ箇所を2度縫う必要がある「巻き伏せ本縫い」という方法で縫い合わせています。動きが大きい肩の部分に強度を与え、また縫い目が肌に当たらないため着心地が良く、見た目の美しさも楽しめます。

②裾の巻きの大きさは、細めの3mm幅。細く巻いて縫うことで、裾は繊細で美しいカーブを描きます。

③袖の剣ボロの裏まで、しっかり内側に折り込んで処理するため、洗濯によるほつれが起きにくくなっています。

④裾のボタンホールのみ水平にすることで、着用中に外れにくいような仕様にしています。

⑤衿の第一ボタンとカフスのボタンは、根巻きという仕様で取り付けています。
ボタンと生地の間に隙間が生まれるため、より留めやすくなります。

⑥裾の両サイドには三角のピースを取り付け、強度を高めています。

BRANDS 「高山CHOYAソーイング 鹿児島工場」の取り扱いブランド

オアツラエ
オアツラエ
OATSURAE[オアツラエ]は、歴史に裏打ちされた高い縫製技術を持つ工場で、一枚一枚丁寧に縫製されているシャツブランドです。
型紙は、体に適度にフィットしつつも動きやすい、日本人の体型を研究したシルエットです。
デザインはいつの時代も通用する美しさを持つベーシックなタイプ。
素材は、強度と着心地を両立する80~120番手双糸を採用しています。
オアツラエの詳細を見る

COMPANY DATA 「高山CHOYAソーイング 鹿児島工場」の会社情報

高山CHOYAソーイング 鹿児島工場
名称 高山CHOYAソーイング株式会社
所在地 鹿児島県肝属郡肝付町前田468-3

PICK UP ITEM 「高山CHOYAソーイング 鹿児島工場」のピックアップアイテム

NEW ARRIVALS 「高山CHOYAソーイング 鹿児島工場」の新着アイテム

FACTORY NEWS 「高山CHOYAソーイング 鹿児島工場」の新着ファクトリーニュース

RECOMMEND 「高山CHOYAソーイング 鹿児島工場」のおすすめ情報

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ