誇りと出会う旅秋田 栗久

曲げわっぱを育む文化<天然にこだわる日本酒「雪の茅舎」>

画像引用:雪の茅舎醸造元 齋彌酒造店

鳥海山を望み、鶴舞温泉があることでも知られる秋田県由利本荘市。

その中でも石脇地区は、江戸時代、子吉川の流れを活用することで北前船の寄港地となり、大阪や江戸に多くの米や木材を運びました。

町には廻船問屋や旅館が軒を並べ、亀田藩の重要な湊として栄えた土地です。

齋彌酒造の歴史と建物の特徴

この地に日本酒「雪の茅舎」を生み出した株式会社齋彌酒造が誕生したのは明治35年のことでした。

齋彌酒造の酒蔵や店舗などは創業当時からのもので、11棟が国の有形文化財に登録されています。店舗部分の2階は洋風デザインを取り入れた独自の意匠が特徴的。またこちらの酒蔵は通称「のぼり蔵」と呼ばれ、高低差約6mの傾斜地に建てられています。これは自然の地形と引力、蔵内の風通りの良さを利用することで、酒造りの工程において余計な負荷を与えないという、先人の知恵と言えるでしょう。蔵の坂の上に米を運び、敷地内で湧き出す清水で仕込み、坂の下に向かうにつれて徐々に日本酒が出来上がっていきます。

また、麹室(こうじむろ)は内壁に秋田杉が使われ、自然の湿度調整を実現しています。

原材料へのこだわり

「米の秋田は酒の国」と言われる通り、秋田は古くから豊富な原料米と良質な水に恵まれ、気候的にも日本酒を作るのに適した地域です。

県内では飯米はもちろん、酒造好適米も広く栽培され、一貫体制で良質な酒米を作り出しています。

また10年の年月をかけて開発されたオリジナル品種「秋田酒こまち」から生まれる酒は、香り高く、上品な甘みと軽快な後味を持つ日

本酒として高い評価を受けています。

齋彌酒造では地元農家と契約し、蔵人自ら「秋田酒こまち」を栽培。

また兵庫県西脇市の農家とも契約を結び「山田錦」を栽培しています。

毎年視察を行い、収穫された酒米を分析し生産者との情報交換を密におこなうことで、こだわりの酒米を生み出しています。

また齋彌酒造がある由利本荘市石脇地区は「穴を掘れば水が出る」と言われるほど湧き水に恵まれています。

齋彌酒造の敷地内でも新山からの豊富な伏流水が湧き出しており、良質な日本酒を生み出す要素のひとつになっています。

製法へのこだわり

齋彌酒造がこだわっているもう一つの原材料が酵母。

30年以上も前から酵母の自家培養に取り組み、「雪の茅舎」独自の香りを作り出すことに成功しています。

また齋彌酒造では、「お酒は人ではなく、微生物が醸す」という考え方に基づき、薬剤を使用した蔵内殺菌をしません。

殺菌をしないということは、余計な菌を発生させないために蔵の天井・梁などまで隅々まで徹底的に清掃を行うことが必要になります。そうして蔵内の微生物のバランスを整え、酒蔵としては日本で初めてオーガニック認定を受けました。

微生物の働きに任せる考え方は、他の工程にも表れています。「櫂入れをしない」、「濾過をしない」、「加水しない」。そのように、余分な手を加えずにゆっくりと醸され、雪の茅舎は生まれます。

このようなこだわりの酒造りで齋彌酒造は、国内外において数々の大会で受賞するなど、高い評価を受けています。

>日本酒「雪の茅舎」のおいしさを引き立ててくれる 曲げわっぱ「栗久(くりきゅう)」の酒器

雪の茅舎シリーズおすすめラインナップ

雪の茅舎シリーズ中で最高級品に位置付けられているのが「純米大吟醸」。精製歩合45%で、良質の酒米を磨き、低温の長期熟成で米の旨みを最大限にまで引き出した芳醇な香りが特徴です。

また「山廃純米吟醸」は、自然の乳酸菌により作り出す手間のかかる製法で作り出されており、杜子の高橋藤一氏の高度な技術により復活しました。伝統の技、山廃仕込みにより華やいだ香りと独特のきめ細やかさは、通好みの味です。

また「雪の茅舎 純米吟醸」は甘さと辛さのバランスの良さを評価されとことで2007年と2014年に全日空の機内酒に選ばれ、国際線ファーストクラスなどで提供されました。

 >日本酒「雪の茅舎」のおいしさを引き立ててくれる 曲げわっぱ「栗久(くりきゅう)」の酒器

 

<曲げわっぱのファクトリー・ブランド>

>「栗久(くりきゅう)」を詳しく見る

 

<関連リンク>

>曲げわっぱの酒器でいかがでしょう? 天然にこだわる日本酒「雪の茅舎」(<連載>誇りと出会う旅)

>なまはげの成り立ちと由来(<連載>誇りと出会う旅)

 

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ