NOUSAKU

富山 能作富山県高岡市

能作は、江戸時代から400年伝わる鋳造技術を用いて、1916年に仏具の製造を始めました。
仏具や茶道具などの製造で培った様々な鋳造方法や加工技術で素材特性を最大限に引き出し、近年はテーブルウェアやインテリア雑貨、照明器具や建築金物などを手掛けています。
「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)く作る」をモットーにこれからも鋳物の可能性を拡げ続けていきます。

富山 能作の地図

Feature Story : NOUSAKU


斬新な発想で花開いた伝統の技
能作がある富山県高岡市は、1609年に前田利長が高岡城を築城したことで知られる地域です。高岡城の完成により城下町として栄えた高岡には、前田利長の命によって7人の鋳物師が集められ、鍋や釜といった日用品を筆頭に、鍬などの農具を製作する鋳物工場が設けられました。 職人の努力によって高岡は「鋳物の街」として発展を遂げ、現在は富山県の第二の都市として地位を確立させています。
伝統的なデザインからモダンなデザインへ大転換。
そんな高岡の地に能作が誕生したのは1916年のこと。当時は仏具や茶道具、花器といった伝統的な品々を製造していました。
能作の最大の転換点は2001年。東京の原宿で開催された「鈴・林・燐」という展示会に出展した真鍮製のベルが話題を呼び、都内のセレクトショップで取り扱われるようになったのです。
当初ベルは決して売れる商品ではありませんでしたが、販売員による「短冊をつけて風鈴として販売してみてはどうか」というアドバイスを元に風鈴を製作したところ、毎月1,000個以上が飛ぶように売れる人気商品になったと言います。
代表作 曲がる「KAGOシリーズ」の誕生。
その後も能作は常識にとらわれることのない商品作りを続け、現在は錫(すず)100%の素材を加工して作る、曲がる「KAGOシリーズ」が代表作になっています。
錫は素材の特性上、加工の最中にどうしても曲がってしまうという難点を抱えていましたが、「曲げて使う」という、弱点を長所に変える発想によって完成し、国内外から注文が殺到する人気商品になりました。

>能作 曲がるカゴの詳細を見る

NOUSAKU Spirits

Craftsmanship

それぞれのプロが全力を尽くす。
「能作」の仕事
それぞれのプロが全力を尽くす。
「より能(よ)い鋳物をより能(よ)く作る」というモットーを打ち出している能作では、各工程を各職人が担当し、力を尽くした完全分業制を採用しています。
高岡銅器が出来上がるまでには、デザインとなる原型の製作をはじめ、原形から型を作る鋳型製作、そこで造られた鋳型に金属を流し込む鋳造、溶接と研磨を行う仕上げ加工、着色となる加飾といういくつもの工程を通過させなければなりません。
これら一つ一つの工程には卓越したな技術が求められ、そのため各セクションのプロフェッショナルが総力を結集させるというわけです。
現代の技術との融合で多品種少量生産を実現。
例えば溶かした金属を鋳型に流し込んで成型する「鋳造」と呼ばれる工程において、能作では基本となる生型鋳造法を筆頭に自硬性鋳造法、シリコーン鋳造法、そしてロストワックス鋳造法などを使い分け、多品種少量生産を実現しています。
これによって高い品質の製品を安定供給することに成功しました。
素材の特性を生かしたものづくり。
能作の製品に使われている素材は主に3つ。それぞれの素材の特性を生かしたものづくりをしています。

古くから茶器や酒器に使われてきた錫は、能作の代表的な商品である、曲がる「KAGOシリーズ」や、テーブルウェアなどに用いられています。錫は酸化しにくく「水が腐食しない」「酒の風味がまろやかになる」などといわれ、すぐれた抗菌作用とイオンの効果を持っています。
ただ100%の錫はとても柔らかく加工しにくい素材。しかし能作は高い技術でその特性を逆手に取り、手で簡単に曲げられ多様な使い方のできる、曲がる「KAGOシリーズ」を作り出しました。

銅と亜鉛の合金である真鍮の歴史は紀元前1000年頃からと古く、ローマ帝国では通貨の材料に用いられ、奈良時代の日本では中国伝来の真鍮製品が正倉院に納められました。
能作では花瓶や仏具のほか、美しい澄んだ音色が出ることから風鈴などに使用しています。

青銅は銅と錫の合金で、ブロンズとして知られています。その歴史は非常に古く、紀元前2,000年頃のメソポタミアではすでに使用されていました。紀元前300年頃の日本の九州にも鉄や稲作とともに伝来し、耐蝕性に優れているとして、銅鏡や銅鐸に使用されてきました。
また、奈良の大仏や長崎の平和祈念像も青銅で鋳造されています。能作ではその特性を生かし、苔盆栽シリーズの他、オブジェなどの材料に用いています。
もの・こと・こころ
産地を元気に

能作は2019年9月12日の放送回において、テレビ東京系列の「日経スペシャル カンブリア宮殿」で特集が組まれ、紹介されました。
出演した現・代表取締役社長である能作克治氏は、17年間職人として腕を磨いた後、高い技術を生かした自社製品の開発を始めます。そして「お客様の声を聞き」「誰もしたことのないことをする」ことを心がけ、KAGOシリーズなどの斬新な商品を次々に作り出しました。

能作社長が目指すのは『もの・こと・こころ』
「もの」は質の良いものであること。
「こと」は伝統産業や、錫など素材ごとの特性を生かすこと。
「こころ」は、どのような想いで作ったかということ。
特に「こと」の部分については、自社だけでなく伝統産業ならびに地域全体の活性化を目指したい。その地域貢献の想いが、能作を動かす原動力につながっています。

伝統とこころを伝える場所



2017年には、産業観光をコンセプトに様々な要素を持ち合わせた新社屋が誕生。
見学できる工場のみならず、鋳物製作体験や地産地消のカフェ、限定品を多数取り揃えるショップ、観光コーナーを備え、富山県内でも有数の観光地として年間12万人が訪れます。
ここを拠点に、伝統や能作の精神、そして高岡の良さを世界に向けて発信しています。

> 詳しくはこちら

BRANDS 「富山 能作」の取り扱いブランド

能作
能作
能作の主な商品の素材は、純度100%の錫(すず)です。
金、銀に次ぐ高価な金属として知られる錫は、酸化しにくく抗菌作用が強いという特性を持ち、古くから酒器や茶器に使われてきました。
純度100%の錫は非常に柔らかく、形状や厚さにもよりますが手で容易に曲げることができます。
曲げる時にピキピキという高い音がしますが、これは錫の分子が擦れ合う音でTin Cry(錫鳴き)と呼ばれています。
金属でありながらも人肌に馴染む錫を、生活の様々なシーンでお楽しみください。
能作の詳細を見る

COMPANY DATA 「富山 能作」の会社情報

富山 能作
名称 株式会社能作
所在地 富山県高岡市オフィスパーク8-1

PICK UP ITEM 「富山 能作」のピックアップアイテム

NEW ARRIVALS 「富山 能作」の新着アイテム

FACTORY NEWS 「富山 能作」の新着ファクトリーニュース

RECOMMEND 「富山 能作」のおすすめ情報

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ