ルイス&クラーク ウィメンズ × リバティプリント 山喜 長崎工場

商品開発-人気のリバティプリント レディースシャツブラウス

Factory

ファクトリーエクスプレスジャパンで取り扱いをしている「ルイス&クラーク」は元々メンズのシャツブランドで、カラフルで個性的なシャツが特徴です。

その中でも英国のリバティ社の生地を使ったシャツは人気が高く、様々な柄のシャツが作られています。

リバティの生地は特に女性に人気が高く、「レディースはないの?」とお問い合わせをいただくこともしばしば・・・ということで、満を持してリバティのレディースシャツブラウスの開発を始めました。

リバティプリント レディースシャツブラウス一覧
https://factory-express-jp.co.jp/factory/yamaki/brand/louisclerk-w/

 

STEP1 シルエット

シャツで重要なのはシルエット。型紙で美しさが決まります。

 

実は担当者は、社内でレディースのオーダーシャツの仕組みを構築した経験がありました。
「オーダーシャツの基本にした型紙を使おう!」
この型紙は、何人もの女性を計測し分析して出来上がったもの。着心地の良さとシャツの美しさを同時に実現する型紙です。

リバティプリント レディース型紙

この数種類の型紙をベースに、サイズを決めていきます。
「ベーシックなタイプにするか?それとも今どきのビッグシルエットに?それともスリム・・・」

このシャツは、きっと幅広い年代の方に好まれるはず。そうなるとあまり細身ではないほうがいい。
またリバティ社の生地はキュートでありながら上品なのが特徴。その上品さを損なわないシャツにしたい。

ということでシルエットは細すぎず大きすぎない、ベーシックなものに決めました。
ただ最近は大きめサイズが主流なので、ジャストサイズよりは少しゆとりのある寸法設定に。


STEP2 生地選び

素材はシルクのようなしなやかさを持つリバティ社の専売特許とも言える「タナローン」

リバティには長い歴史があり、とてもたくさんの種類の生地があります。
素材はシルクのようなしなやかさを持つ綿で、リバティ社の専売特許とも言える「タナローン」にするとして、柄は?記念すべき最初のシャツには、どの柄がふさわしいだろうか。

担当者は、同僚の女子社員にも「自分が着たい柄」を選んでもらい、実際に人気のあったものを中心に柄を集めました。

その中でも、リバティらしく上品で印象深いものを。

また発売は秋冬シーズンだったので、ニットに合わせやすいかどうかも基準で選びました。

リバティプリント ブラウスイメージ

STEP3 生産工場

丁寧なものづくりと数量限定生産が特徴の長崎のシャツ専門工場

「ルイス&クラーク」はもともとメンズのシャツブランドですが、国内での丁寧なものづくりと数量限定生産が特徴。

レディースでも、メンズと同じコンセプトでシャツブラウスを作ります。

シャツづくりのノウハウを持つ長崎の工場にサンプルを作ってもらい、チェックを重ねました。

シャツの専門工場ならではの細やかな縫製は、仕上がったシャツの「端正な顔」に表れています。


こうした想いを込め「ルイス&クラーク×リバティ シャツブラウス」は生まれました。
リバティのエレガントさ、着心地のよいシルエット、丁寧な縫製から生まれる美しさを、ぜひお楽しみいただければ嬉しいです。

リバティプリント タナローン生地

<LOUIS&CLERK WOMENS / LIBERTY>
シャツ専門ファクトリー 山喜 長崎工場で丁寧に縫製される、オリジナルブランド「LOUIS&CLERKWOMENS / LIBERTY(ルイス&クラーク ウィメンズ×リバティプリント)」は、花や自然をモチーフとして世界的に人気の英国発テキスタイル「リバティ」のプリント生地で作られた、女性向けシャツ・ブラウスのブランドです。

ルイス&クラーク ウィメンズ×リバティプリント ブランドトップページ
https://factory-express-jp.co.jp/factory/yamaki/brand/louisclerk-w/

 

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ