ファクトリーエクスプレスジャパン公式通販サイト

HOME > ブランド > CUON:E

いつも、いつまでも、気持ちのいい布

当たり前すぎて見逃してしまいそうな日常のひとコマも、幸せに感じられたら明日はもっと愉しくなる。
CUON:E(クオンイー)は、そんな日常の小さな幸せを味わうためのファブリックブランドです。

使うことで身も心も満たされ豊かになる、気持ちのよさ。こだわりを重ねたデザイン、素材、機能性。
安心感と誠実さ、そして使いやすさを大切に、愛媛県今治で丁寧に作られています。

使い込むほどに愛着を育み、手に取るたびに嬉しくなる、
いくつになっても、どこにいても、変わらずそばに置いておきたくなるようなCUON:Eのファブリック。

布と暮らしの気持ちのいい関係が、いつも、いつまでも続きますように。




16 件中 1-16 件表示 






16 件中 1-16 件表示 

大正時代の織機から今に息づくものづくり


CUON:Eを手がける工房織座は、タオル産地として有名な愛媛・今治の自然豊かな山間で2005年に創業しました。
タオルの産地として知られる今治ですが、この工房では唯一無二の独創的な織り方や形のマフラー・ショールなどを創り続けています。

きっかけは、タオルメーカーに長年勤めた1人の職人と100年前のシャトル式織機との出会い。

大量生産の時代。最新の機械や高度な技術が熱視線を浴びる中、彼が魅せられたのは、昔ながらの織機だからこそできる織りの表現の奥深さでした。




壊れて動かなくなった旧式織機を全国から集めて、復元と改造を重ね、世界でここにしかない「着尺一列機」が誕生したことから、工房織座のものづくりがはじまりました。
旧式織機でゆっくりと織り上げる織物は、素材それぞれの風合いが引き立ち、肌触りが良く、ぬくもりのある質感が生まれる。

この唯一無二の織りをいかすため、工房では、今も手仕事を多く取り入れられ、フリンジも、人の手で結い上げています。 織り上がった布も、繊維を傷めないようにやさしく洗い、1枚ずつ丁寧に干して自然乾燥。

手間と時間を惜しまないものづくりには、作り手の想いが込められています。だからこそ、暮らしに寄り添い、使い続けるほどに愛着が増していく。 そんな暮らしに寄り添う上質なファブリックを、日々の暮らしに提案しています。




2016 年には、産地活性を目的に「水布人舎」プロジェクトを立ち上げ、今治の職人とともに、タオル織機を使った新たなものづくりへの挑戦をスタート。 そして2021年、集大成的なロングライフブランド「CUON:E」を発表し、数々の魅力的なアイテムを生み出しました。

「 織物の可能性は無限大。」
自社で培ってきた経験をいかし、仲間たちと手を取り合いながら、織物の産地・今治としての可能性と向き合い、さらなる一歩を踏み出そうとしています。