「誠実な作り手」と「それを良いと思ってくださる使い手」を繋ぐ

九州の焼酎とお酒は九州の酒器でいかがでしょう?世界に誇る有田焼をはじめ、九州の酒器、皿、器を集めました!

Factory

「誠実な作り手」と「それを良いと思ってくださる使い手」を繋ぐコトをミッ ションとした「ファクトリーエクスプレスジャパン」。
そのオンラインショップの中から日本の文化、伝統を受け継ぐ日本のファクトリーが創り出す、現代のライフスタイルに合った酒器、お皿、器などのテーブルウエアをピックアップしました。
家族や友人との食事、家飲みをより豊かに、楽しく演出します。

-長崎 石丸陶芸-
波佐見焼のテーブルフェア

伝統的な技法やデザインのものから、和洋に使える現代的なデザインのものまで、多彩なオリジナル商品の企画・製造を行っています。

 


波佐見焼「長崎 石丸陶芸」

昭和23年創業。長崎県波佐見町で、波佐見焼や有田焼の販売やオリジナル商品の企画製造を行っています。
自社のオリジナル窯を持ち、他社にない独自の作風と高品質な焼き物を生み出しています。
また、地元窯元とのネットワークを活かして波佐見焼や有田焼の販売も行っています。

>波佐見焼「長崎 石丸陶芸」を詳しく見る

 

-長崎 嘉久正製陶所-
平戸藩の御用窯として始まった三川内焼のテーブルフェア

三川内焼の中で最も代表的な伝統技法の一つである「手描きの染付(青華)技法」を継承し、ひとつひとつ手書きで繊細な柄を描きます。
先祖代々大事に守り続けて来た秘法の技術に、現代的な創意工夫を加えています。

 


三川内焼「長崎 嘉久正製陶所」

平戸藩の御用窯として始まった三川内焼。
嘉久正窯は御用窯創設時から主要陶工であった中里茂ヱ門を祖とする、350年前から続く窯元です。
「是れ人生はすべて正直且つ確実であれ」を家訓とし、質を重視したものづくりをしています。

※三川内(みかわち)焼は、かつては平戸焼と呼ばれ、平戸藩の御用窯として江戸時代に始まりました。
朝廷や将軍家へ献上され、また19世紀に海外に輸出されると「Hirado」として一躍ヨーロッパ人を魅了し、大英博物館などにも収蔵されました。

>三川内焼「長崎 嘉久正製陶所」を詳しく見る

 

-佐賀 KIHARA-
香りを愉しむ有田焼の焼酎用カップ、 酒器、テーブルフェア

キハラは、有田焼・波佐見焼の窯元や職人たちの特性を活かしたオリジナルデザインの企画を行っています。
江戸時代から愛される焼き物の伝統と技術をもとに、現在の生活に調和するモダンな器を提案しています。

 


有田焼「佐賀 KIHARA」

616年、日本で初めて磁器生産を始めた有田。
キハラは、有田焼・波佐見焼の産地商社として、この400年の伝統技術と先人たちの想いを胸に、現在の生活に合わせた商品開発を行い、末永く愛される器をお届けします。

>有田焼「佐賀 KIHARA」を詳しく見る

 

-佐賀 金照堂-
有田焼の焼酎カップ、ビアタンブラー、日本酒片口 酒器、テーブルフェア

明治から昭和初期に活躍した有田焼赤絵師「金子麟蔵-kaneko rinzo-」は、卓越した職人技と先見性に富んだデザインで金照堂の基礎を築きました。
わが先祖「麟蔵」へのオマージュを込めて誕生した“麟Lin”は、磁器とは思えないメタリック感・独特のテクスチャー・幻想的なカラーリングが特長です。
“麟Lin”のコンセプトは非日常。
“麟Lin”で見たこともなかった景色をお楽しみください。

 


有田焼「佐賀 金照堂」

金照堂は、日本で初めて磁器を作って400年になる有田にあります。
創業から約60年、一貫して職人の技を生かした有田焼を世に送り出してきました。
明治時代末ごろから、赤絵師として品評会などで活躍した先祖「金子麟蔵」に倣い、伝統の技を今の暮らしに活かすことを生業(なりわい)の中心に据えています。
近年は、「麟 Lin」、「mint.」など、自社ブランドを多く取り扱うようになりました。

>有田焼「佐賀 KIHARA」を詳しく見る

 

-佐賀 鍋島 虎仙窯-
大名が愛した鍋島焼の酒器、テーブルフェア

江戸時代、将軍家や大名の為だけに創られ一般に人目につくことのなかった鍋島焼。
美術品として評価の高い鍋島様式の技術を背景に、日常に使える現代的な鍋島を創り出しています。
鍋島焼の中でも、窯のある大川内山で採れる原石を使った、美しい青磁。
単色の青磁の、美しいブルーと陰影をお楽しみください。

 


鍋島焼「佐賀 虎仙窯」

虎仙窯(こせんがま)は、鍋島焼の歴史・伝統・技術を守り、手仕事・手描きによる鍋島を造り上げている窯元です。
更なる品質・機能性・安全性を求めながら、「新たなる鍋島」の創造を心がけております。

>鍋島焼「佐賀 虎仙窯(こせんがま)」を詳しく見る

 

-佐賀 副久製陶所-
あおにこだわる肥前吉田焼の酒器、テーブルフェア

江戸時代、将軍家や大名の為だけに創られ一般に人目につくことのなかった鍋島焼。
美術品として評価の高い鍋島様式の技術を背景に、日常に使える現代的な鍋島を創り出しています。
鍋島焼の中でも、窯のある大川内山で採れる原石を使った、美しい青磁。
単色の青磁の、美しいブルーと陰影をお楽しみください。

 


鍋島焼「佐賀 副久製陶所」

肥前吉田の地で三代にわたり、うつわを焼いております。
現在は夫婦二人、トンバイ塀に囲まれた煉瓦造りの工房で作陶を行っています。
長年うつわを作り続けていても、未だに窯をあける度、その美しさや歴史の面白さ、奥深さといった磁器の魅力を肌で実感します。
うつわを使う人が、日常生活の中で使うことによりこの魅力を感じてもらえるよう、うつわに焼き留め、語り継ぐ。それが肥前吉田焼の職人の使命だと思って、毎日、土と向き合っています。

>肥前吉田焼「佐賀 副久(そえきゅう)製陶所」を詳しく見る

 

日本のものづくりの未来を支えるメイド・イン・ジャパン ファクトリーショップ